使い方

FXGTのおすすめ口座は?口座タイプの違いを徹底解説!

FXGTでは、5つの口座タイプがが用意されています。

  • セント口座
  • ミニ口座
  • スタンダード口座
  • スタンダードFX
  • ECN口座

FXGTで口座開設すると、上記から好きな口座タイプを選択できます。

カワセちゃん
カワセちゃん
たくさんあって、どれが私にあってるか分からないなあ。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
たしかに、初心者の人だと口座ごとの違いが分かりにくいよね。じゃあ今回は、それぞれの口座の特徴やメリットなどを見てみよう。

FXGTの口座タイプ

FXGTでは5つの口座がありますが、タイプ別に以下の3口座を紹介します。

  • 初心者向けのセント口座
  • 初心者~上級者向けのスタンダード口座
  • 中級者~上級者向けのECN口座

まず、それぞれの口座のスペックを見ていきましょう。

口座タイプ セント口座 スタンダード口座 ECN口座
取引形態 STP STP ECN
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍
手数料 無料 無料 $10
平均スプレッド 2.0pips 1.6pips 0.3pips
1ロットの単位 1,000通貨 10万通貨 10万通貨
最低取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 4,000ロット 200ロット 200ロット
最低入金額 500円 500円 25,000円
ボーナス 対象 対象 対象外

セント口座とスタンダード口座はSTP方式、ECN口座はECN方式になっています。

  • STP/ECN方式とは?
    STP(Straight Through Processing)→顧客の注文をFXブローカーが仲介し、スプレッドを上乗せして市場へ流す取引方式。手数料は無料。
  • ECN(Electronic Communications Network)→顧客の注文をFXブローカーが仲介せず、直接市場へ流す取引方式。スプレッドは狭いが、取引ごとに手数料が発生する。
カワセちゃん
カワセちゃん
ECN口座がスプレッドも狭くて勝ちやすそうだけど、ボーナスがないのが残念だね。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
それに、取引ごとに手数料もかかるんだよね。最低入金額も高く設定されているから、上級者や専業レベルで稼いでいる人向けの口座といえるよ。

続いて、それぞれの口座の特徴を見ていきましょう。

スタンダード口座の特徴

最初に、FXGTでもっとも人気の高いスタンダード口座の特徴を解説します。

小口・大口両方の取引に対応している

スタンダード口座は、最小ロットが0.01、最大ロットが100となっており、1口座あたり200ロットまで保有可能です。

0.01ロットは1,000通貨なので、資金の少ない人でも気軽に始められますし、大口トレーダーでも十分に満足できるロットを保有できます。

ドル円120円時に1,000通貨取引した場合の証拠金
(120円x1,000通貨)÷最大レバレッジ1,000倍=120円

カワセちゃん
カワセちゃん
数百円から始められるのはいいね。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
そうだね。スタンダード口座は、カワセちゃんみたいな初心者にも、7桁以上の大きな資金を取引する上級者にも人気があるよ。

取引手数料が発生しない

スタンダード口座は、すべての銘柄で取引手数料が無料です。

厳密にはスプレッドの中に手数料が含まれていますが、スプレッドは海外FX業者の中でも平均レベルとなっており、仮想通貨も取引できます。

トウシくん
トウシくん
仮想通貨の手数料は、業界最狭ですよ。

セント口座の特徴

セント口座は、スタンダード口座と同じで手数料が無料で、初めて海外FXを始める人に人気があります。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
スタンダード口座との違いを中心に見ていきましょう。

10通貨から取引が可能

セント口座はロット単位が1,000通貨なので、最低取引数量は0.01円となっています。

カワセちゃん
カワセちゃん
初めて海外FXを取引する人でも安心だね。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
口座に数百円しか残ってなくても、セント口座なら取引できるよ。

円建て口座に対応していない

セント口座の基本通貨は、米ドル(USD)とユーロ(EUR)となっています。日本円の口座を作れないのは、デメリットといえるでしょう。

カワセちゃん
カワセちゃん
私は、日本円じゃないとやりにくいかなぁ。

ECN口座の特徴

ECN口座は、FXの経験が豊富な中級者~上級者におすすめの口座です。

スプレッドが狭い

FXGTの5つの口座の中で、ECN口座はもっともスプレッドが狭くなっています。

主要銘柄の最小スプレッドを見てみましょう。

銘柄 最小スプレッド
USD/JPY 0.2pips
EUR/USD 0pips
EUR/JPY 0.5pips
GBP/USD 0.4pips
AUD/USD 0.5pips

EUR/USDはスプレッドが0となっており、スプレッドがついていません。

その他の銘柄も1pips以下なので、利益を出しやすい取引環境といえます。

トウシくん
トウシくん
ECN口座はスプレッドが狭いので、スキャルピングにも適しています。

取引手数料が発生する

ECN口座は、FXGTを通さずに注文を市場へ流すため、1回の取引で往復10ドルの手数料が発生します。

他の口座と違いFXGT側がスプレッドによる手数料を取らないため、取引手数料が発生します。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
1回の取引で約1,200円かかるから、初心者の方にはおすすめできません。

ボーナスがもらえない

FXGTは豊富なボーナスを提供しているFX業者ですが、ECN口座は対象外となっています。

また、最低入金額も他の口座より高めです。

トウシくん
トウシくん
ボーナスはいらなから、スプレッドの狭いFX業者を探している上級者向けの口座といえます。

スタンダード口座をおすすめできる人

スタンダード口座は、以下のような人におすすめです。

  • ボーナスをもらって証拠金を増やしたい人
  • 取引手数料を払いたくない人
  • 仮想通貨や指数などの取引も行いたい人

スタンダード口座なら、FXGTの豊富なボーナスを使って証拠金を増やしてから取引できます。

小口・大口の取引にも対応しているため、スタンダード口座を選んでおけば間違いないといえます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
FXGTは1つの通貨で複数の口座を持てるので、最低1つはスタンダード口座を開くといいでしょう。

セント口座がおすすめな人

セント口座は、以下のような人におすすめです。

  • お試し感覚で海外FXを初めてみたい人
  • ボーナスをもらって低リスクな取引をしたい人
  • 通貨ペア以外の取引をしない人

セント口座は、最小10通貨から取引できるので初心者の人や、海外FXに初めて挑戦する人でもお試し感覚で気軽に始められるという特徴があります。

ただし、基本通貨が日本円に対応していないので、米ドル(USD)またはユーロ(EUR)から選ぶ必要があります。

カワセちゃん
カワセちゃん
日本円以外だと、慣れるまではやりにくいかもしれないね。

ECN口座をおすすめできる人

ECN口座は、以下のような人におすすめです。

  • 自己資金を十分に用意できボーナスは不要だという人
  • テクニカル・ファンダメンタルズ分析をしっかりできる人
  • スキャルピングで稼ぎたい人
  • メタル・指数などボラティリティの大きな銘柄の取引が得意な人

ECN口座は、FXの経験・スキルを十分に持っており、専業レベルで稼いでいる人には魅力的な口座です。

トウシくん
トウシくん
初心者の人は、まずセント口座かスタンダード口座を選びましょう。

FXGTの口座タイプまとめ

FXGTの口座タイプについてまとめました。

FXGTの口座タイプまとめ
  • セント口座とスタンダード口座は手数料が無料
  • ECN口座は取引手数料がかかるが、スプレッドが狭くスキャルピングにも適している
  • ECN口座はボーナスの対象外

FXGTでは、1つの基本通貨につき8個まで追加口座を保有できます。

したがって、セント口座→スタンダード口座→ECN口座と少しずつステップアップすることも可能ですし、取引スタイルによって複数の口座を使い分けるのもいいでしょう。

トウシくん
トウシくん
僕は、ボーナスをもらってデイトレードするときはスタンダード口座、スキャルピングをするときはスプレッドが狭いECN口座という風に使い分けています。
FXGT口座開設ボーナス

 

FXGTを初めてプレーされる方は、登録するだけで10000円の口座開設ボーナスが無料で進呈されます。完全リスクゼロで試すことができますので未登録の方はまずはチェック!

\入金不要ボーナスの最高額10000円/